フランスのAudioNecが戻ってきました。今回は、昨年聞いたスピーカーレスポンスの縮小版であるSignature Response SignaturesV2を使用しました。 Responseと同様に、DSPホッパーとAudioNec独自のワイドバンド、ダイポール、AMTドライバーも使用します。これは、200Hzから20kHzまでのエンドツーエンドのペーパータオルの2つの巨大なロールのように見える要素です(Highにリボンスーパーツイーターが付いています)。 )。 2011年の場合と同様に、AudioNecsは、サックス、ドラム、パーカッション、トランペットで素晴らしいトランジェントと非常に優れたトーンを備えた非常に繊細なサウンドを生成しました。

http://www.theabsolutesound.com/articles/jv-reports-on-the-munich-high-end-show-2012-updated-with-addendum/

6moonsハイエンド2012

ウィザード

www.6moons.com/industryfeatures/munich2012/

www.wizard-highend.blogspot.fr/2012

LAURENSAUDIOリミュージック。

www.remusic.it/Munich-High-End-2012-Best-Sounds

忠実度が高い

アイソフォンとヘーゲル